ひとりぼっちじゃない

News
    Introduction
    この、何者でもない、物語の主人公には成り得ない、なんの変哲もない僕みたいな人間ー(原作「ひとりぼっちじゃない」より)
    原作は、『世界の中心で、愛をさけぶ』にはじまり数々の名作を世に送り出してきた脚本家・伊藤ちひろが10年をかけて書き上げた、自分を主人公ではないと認識する主人公ススメの日記形式の小説。
    2023年、行定勲監督のプロデュースにより、著者・伊藤ちひろ自身が初監督を務め、新たに映画として誕生した。初監督ながら、圧倒的な世界観で、雄弁な行間で語る物語を紡ぎあげた。
    主演は、デビュー以来、音楽シーンにインパクトを残し続けるKing Gnu・井口理。監督自身も脚本を執筆する際にアテ書きし、自ら監督とロケハンに回りながら役柄を構築していったという井口は、これまでに見せたことのなかった表情でススメを演じる。
    ススメが生きるなんの変哲もない日常が、宮子に恋をすることで少しづつ変化を帯びていく。恋愛という世界の中ですら、他者と自己は一つになれないのか。恋愛の歯がゆさを含んだ幸福、不安と嫉妬に葛藤しながら、ススメがたどり着く、”生きていく”ということ      
    不器用なススメの、ナナメでまっすぐな、純愛と狂気の物語が人々の心を揺さぶる。
    Story
    人とうまくコミュニケーションのとれない、歯科医のススメが恋をしたのは、マッサージ店で働く宮子。
    しかしながら宮子は、部屋に鍵をかけず、突如連絡が取れなくなったりする、つかみどころがない女性だった。
    それでも、彼女と抱き合っていると、ススメは自分を縛っている自意識から解放される気がしていた。
    自分でも理解できない自分を宮子は理解してくれている、ススメはそれがうれしかった。
    けれど、謎の多い宮子を前に、自分は彼女のことを理解できていない、と思い悩むススメ。
    ある日、宮子の友達である蓉子が、ススメに宮子の身に起きた驚きの事実を告げる      
    Cast
    馬場ふみか
    宮子
    井口理
    ススメ
    河合優実
    蓉子
    井口理
    ススメ
    馬場ふみか
    宮子
    河合優実
    蓉子
    Cast Profile
    井口理ススメ
    1993年10月5日生まれ、長野県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。トーキョー・ニュー・ミクスチャーと称されるサウンドで唯一無二の世界観を築きあげているバンド“King Gnu”でボーカルとキーボードを担当。近年は俳優としても映画『劇場』(20/監督:行定勲)、『佐々木、イン、マイマイン』(20/監督:内山拓也)、ドラマ「MIU404」(20)などに出演。YouTubeドラマ「GOSSIP BOX」(21)では主演もつとめた。2019年4月から約1年間『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)の木曜日パーソナリティーを担当。ナレーション業なども含め、活動の幅を広げている。
    Comment
    本作の主人公、ススメとの出会いが自分にもたらしたものはとても大きかった。人とコミュニケーションが取れない彼に向き合った約半年という時間の中で、自分自身が今まで人に伝えられず蓋をしていた気持ちとも同時に向き合うことになったからだ。自分と向き合うということ、それは今まで極力避けてきたことだったが今回の撮影を終えて、それがとても大きな財産になったと実感している。
    コミュニケーションがうまくいかないもどかしさは誰しもが感じるものであり、そこで生まれる葛藤はおそらく今回ススメという人間として形を成した。この作品に関わった全ての人に、出会いに、感謝します。そしてみなさんがご覧になったとき、少しでもやさしい気持ちで明日を生きていけますように。映画が完成した今、そう強く願います。
    Cast Profile
    馬場ふみか宮子
    1995年生まれ、新潟県出身。2014年に映画「パズル」で女優デビュー。2015年に「仮面ライダードライブ」で敵女幹部・メディック演じて話題となり、「黒い暴動♡」で映画初主演を務める。主な出演作に、映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」、「恋は光」、「AWAKE」、ドラマ初主演となった「深夜のダメ恋図鑑」、「3Bの恋人」、2022年「やんごとなき一族」、主演ドラマ「恋と弾丸」。女優業に加え、女性ファッション誌『non-no』専属モデル等、幅広く活動の場を広げる。
    Comment
    当初は、一見すると柔らかくて温かいようで、内面はすごくドライで冷たさを持っている宮子をどう演じればいいのか戸惑いましたが、伊藤ちひろ監督との本読みや衣装合わせを進めていく中で、実は自分の本来持っている性質に近い部分があると気付きました。そのことに恐ろしさを覚えつつも、この役を演じられたことに運命めいたものを感じています。監督の創り上げる世界にどっぷり浸かりきっての撮影は、苦しくもあり宝物のようでもあり、不思議な時間でした。一人でも多くの方にこの作品が届きますように。
    Cast Profile
    河合優実蓉子
    2000年生まれ、東京都出身。2021年出演『サマーフィルムにのって』『由宇子の天秤』での演技が高く評価され、第43回ヨコハマ映画祭<最優秀新人賞>、第35回高崎映画祭<最優秀新人俳優賞>、第95回キネマ旬報ベスト・テン<新人女優賞>、第64回ブルーリボン賞<新人賞>、2021年度全国映連賞<女優賞>を受賞。主な出演作に、『ちょっと思い出しただけ』、『愛なのに』、『女子高生に殺されたい』、『冬薔薇』、『PLAN 75』、『百花』。公開待機作に『線は、僕を描く』、『ある男』、『少女は卒業しない』。
    Comment
    お話をいただいて脚本を読み始めたとき、すぐに心奪われたのを覚えています。語弊を恐れずいえば、繰り出される数々の「ヘン」な描写に胸が躍り、また新しく、興味深い本に出会えたことが嬉しかったです。井口さんと馬場さんとそれぞれまったく違うパーソナリティを持ち込み、お互いの色を混ぜた結果どうなるのか全くわからない中で起こることを楽しんでいました。完成を見て、伊藤ちひろ監督の感性をどこまで素直に、純粋に保てるかの戦いだったんだなと改めて感じました。純粋さはいつでも強いものを産むなと思います。ぜひご覧ください。
    Staff
    伊藤ちひろ監督・脚本
    『Seventh Anniversary』(03)で脚本デビュー。その後、『世界の中心で、愛をさけぶ』(03)に大抜擢され、『春の雪』(05)、『クローズド•ノート』(07)など行定勲とタッグを組んでヒット作を発表する。その他の作品に、ヴェネチア国際映画祭コンペディションに選出された『スカイ•クロラ』(押井守監督)、『今度は愛妻家』、『真夜中の五分前』など。活躍は映画にとどまらず、神奈川県立芸術劇場(KAAT)のこけら落とし作品「金閣寺」(宮本亜門演出)の上演台本を手掛ける。近年では堀泉杏名義で『ナラタージュ』、『窮鼠はチーズの夢を見る』などがある。本作の原作である『ひとりぼっちじゃない』(KADOKAWA刊)は10年の歳月をかけて上梓、本作が劇場映画初監督作品となる。
    Comment
    相手の真意を察することの難しさ、妄想は広がっていくけど、なかなか答えに辿り着けない、そういう経験をしたことのある方は多いはず。これが恋となれば、ひどく自分の感情がこじれていく。相手の表情や言葉にいくら注意を向けても心を丸ごと見透すなんて不可能だから、コミュニケーションの向き合い方にうまく折り合いをつけられないと苦しくなっていく。その感覚をそのまま映画にしようと思いました。
    初めて監督として立つ現場で限られた時間の中いくつもの判断を下していくことは、とても困難なことでしたが、この作品はキャストに恵まれました。
    捉えどころのない漆黒の魅力を内包する馬場ふみかさん、鋭い視線で魅惑的な妖気が漂う河合優実さん、そして、わたしの曖昧なイメージを具現化し愛すべきキャラクターに創り上げてくれた井口理さんの存在に支えられてこの映画は誕生しました。
    井口さんは、ススメという人物を演じるうえで次々と芽生える羞恥などのデリケートな感情を、そのまま晒すことも破壊してみせることもできる表現者で、彼から放出される異彩なムードがこの作品の世界を息が詰まるくらいに充してくれました。
    ある意味、この映画はホラーです。楽しんで頂けたら幸いです。